結婚式の撮影なら渋谷写真館プロのカメラマンにおまかせ

土日・夜間も対応いたします!!
夜間対応は24時までとなります。

お電話でのお問い合わせ03-5738-5200

  • お電話でのお問い合わせは03-5988-9800
  • メールでのお問い合わせ
結婚の豆知識
結婚の豆知識
お色直しの回数は平均1回。
お色直しの風習は日本独特のもので、白無垢などの式服から、華やかな色のついた衣服に着替え、婚家の家風に染まるという意味合いがあります。
お客様に違ったイメージの自分を見てもらう喜びはありますが、披露宴の主役である花嫁、花婿が頻繁に退席することは望ましくありませんので、最近は花嫁のお色直しは1回という方が主流です。
和装のお色直しは振り柚か色打掛
和装のお色直しは、本振り袖か、中振り袖を着用します。
式服に振り袖を着るときは、黒振り袖が正式ですが、お色直しなら式服と格をそろえ、染めや箔、刺繍などを使った格調高い華やかな色振り袖がよいでしょう。
また、挙式の白無垢から、色打掛に替えてお客様をお出迎えするという場合、掛下は替えずに打掛を替えるだけなので簡単で合理的な方法でしょう。
式服は和装で、お色直しは洋装(白いウエディングドレスを選ぶ人が多いです。)にするケースも多く、その場合は、挙式のときのような格式を重んじたものではなくて大丈夫ですので、大胆なデザインのものなどを着たい人はお考えになってはいかがでしょうか。
お色直しのドレスは 華やかで個性を生かせるものにしましょう。
挙式がウエディングドレスの場合、お色直しは、ウエディングドレスとはなるべく違うデザインで、より大胆で華やかなカラードレスにすると効果的です。
昼は肌をあまり露出しないアフタヌーンドレス、夜はデコルテを開けたイブニングドレスやカクテルドレスが適当ですが、花嫁としての気品や初々しさは忘れないようにしたいものです。
お色直しをしない人は アクセサリーやブーケで変化を。
お色直しをせずに、挙式から披露宴まで純白のウエディングドレスだけで通す人も増えています。
この場合、ヘッドドレスやアクセサリー、ブーケを替えるだけでイメージが変わり素敵な演出になります。

お気軽にお問い合わせください。

  • オリジナルアルバムサービス
  • アルバム一覧
  • 今月のキャンペーン
  • 写真ダウンロードサービス
  • ご来社希望のお客様はコチラ

営業エリア

東京都
渋谷・新宿・お台場・池袋・上野・四谷・八王子・府中・調布・立川など全域
神奈川県
川崎・横浜・三浦・鎌倉・町田・箱根など
千葉県
千葉・成田・柏・舞浜・市川・浦安など
埼玉県
川口・大宮・さいたま市・浦和・川越など

静岡県、山梨県、長野県など関東近辺地域もお伺い致します。

パートナー企業様募集中